高年齢求職者給付金をご存知でしょうか。失業保険の一種と考えていいと思います。

失業保険は、64歳までの方しかもらえません。6カ月にわたって毎月もらえ、もらえる金額は直前の給与の額によりますが、普通はトータルで100万円を超えるはずです。

これが、65歳になるともらえなくなります。がっかりしました。いただけるものは何でもいただきたいですよね。

よく調べていくと、65歳からもらえる給付金があったのです。それが「高年齢求職者給付金」です。65歳以上で仕事をしていない方限定で、一括で給付金がもらえるのです。

もらえる額は退職する前の給料の額にもよりますが、月収22万円程度の場合は次のようになります。

もらえる金額は、日額が約5,000円で、50日分が一括でもらえます。
5,000円×50日=25万円が一括でもらえます。

これは年金をもらっていても、年金が減らされることなく同時にもらえるそうです。

もらえる条件は次のとおりです。
・65歳以上で、離職票をもらっていること(退職の際に会社から渡されます)
雇用保険被保険者証を持っていること(退職の際に会社から渡されます)
・退職日直前の1年間に雇用保険に加入していた期間が合計6カ月以上あること
・現在は失業中で、求職活動を行えること。

再雇用が65歳で終了となる方は、これを活用しない手はありません。満額の年金がもらえるのは、65歳になった2カ月後からです。この給付金は大きいですよね。

注意点が一つあります。

フリーランスで「開業届」を出していると求職中とはみなせないそうです。開業届は、給付金をもらってからにしましょう。