ビル・エヴァンス・トリオ(ファースト)の名盤の中から「エクスプロレイションズ」をご紹介します。

この盤は、1961年2月2日に録音されリリースされた盤です。

最初のビル・エヴァンス・トリオを構成した3人の珠玉の4枚のレコードは次のような順になっています。

1959年12月26日録音 ポートレイト・イン・ジャズ(Portrait in Jazz) with スコット・ラファロ (b),ポール・モチアン (d) リバーサイド・レコード
1961年2月2日録音 エクスプロレイションズ(Explorations) with スコット・ラファロ (b),ポール・モチアン (d) リバーサイド・レコード
1961年6月25日録音 サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード(Sunday at the Village Vanguard Live) with スコット・ラファロ (b),ポール・モチアン (d) リバーサイド・レコード
1961年6月25日録音 ワルツ・フォー・デビイ(Waltz for Debby Live) with スコット・ラファロ (b),ポール・モチアン (d) リバーサイド・レコード

ビル・エヴァンスは、幼い頃からラフマニノフやストラヴィンスキーなど、クラシック音楽に親しみ、10代に入ると兄と共にジャズにも関心を持つようになりました。余暇にはアマチュアバンドでピアノ演奏するようもなっています。

真面目な即興という相反する演奏をやってのけるのは、クラシックに親しんだからでしょう。

日本人に一番人気のあるジャズピアニストは、ビル・エヴァンスだと思います。真面目さが伝わる演奏と美しいメロディーが日本人の心に刺さるのではないでしょうか。本人も日本の文化が大好きだったと言います。

彼の繊細なピアノ演奏には「わび・さび」があると言う方もいて、妙に納得してしまいます。

ビルのピアノ演奏には、静かな炎があった by マイルス・デイヴィス

ビル・エヴァンスは、あのマイルス・デイヴィスに認められた数少ない白人ジャズ・ピアニストです。

マイルスの言をして「ビルのピアノ演奏には、いかにもピアノという感じの静かな炎があった」と言わしめたビル・エヴァンス。

一時期マイルスのバンドに席をおいていたエヴァンスを、マイルスはとても可愛がったといいます。

モード・ジャズをいち早く取り入れようとしていたマイルスから、その手法を教えられたそうです。

ただ、白人はエヴァンスだけだったことから、なにかと差別を受けたようで、1年ほどでエヴァンスはマイルスの元を離れ、ポール・モチアン(ds)とスコット・ラファロ (b)と共にトリオを結成し、モード・ジャズを極めることになります。

ビル・エヴァンス・トリオ エクスプロレイションズ

LPレコードでは

A面
1.Israel(6:08)
2.Haunted Heart(3:25)
3.Beautiful Love(5:03)
4.Elsa(5:05)

B面
1.Nardis(5:48)
2.How Deep Is the Ocean?
3.I Wish I Knew(4:39)
4.Sweet and Lovery(5:50)

エクスプロレイションズ

裏面

エクスプロレイションズ

CDでは

1.Israel
2.Haunted Heart
3.Beautiful Love(take2)
4.Beautiful Love(take1)*
5.Elsa
6.Nardis
7.How Deep Is the Ocean?
8.I Wish I Knew
9.Sweet and Lovery
10.The Boy Next Door*

*ボーナストラック

「ナルディス」はマイルス・デイヴィスが敬愛するエヴァンスに贈ったオリジナルで、マイルスによる演奏は残されていない。「イスラエル」「エルザ」など代表的なレパートリーも収録。

ビル・エヴァンス・トリオの黄金期である1961年の6月25日ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードで行われた伝説のライヴを昼の部から夜の部まで収録した3枚組ライヴ盤CDは、手に入れたいものの一つです。