ビットコイン

※ 画像のビットコインはイメージです。実在するコインではありません。

暗号通貨といえばビットコインがいちばん有名ですね。

なんでも、日本人のサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)がビットコインの生みの親だと言われています。

ビットコインのことを書き出すと長くなるので、今回はその優位性だけをかいつまんで書いてみます。といっても私も未だビットコインのことを勉強中なので、多少は違う点があるかもしれませんがご容赦ください。

2008年にサトシ・ナカモト氏は、電子通貨ビットコインに関する論文を発表し始め、2009年にはビットコインのソフトウェアをネット上に発表し、ビットコインの最初の採掘を行い、運用が開始されたのだそうです。

その当時の1BTCは約0.07円だったそうです。(ビットコインの単位はBTCで表されます。)

2010年ごろに1BTC=0.2円になり、フロリダでピザ2枚を1万BTC(約2000円)で購入した話は有名です。今なら580億円ですよ。

世界中でビットコインが売買され、2011年に1BTCが70円だったのが2012年には約1000円になり、2015年に約3万円、2017年に約45万円、2018年に約100万円になりました。

しばらくは乱高下が続きましたが、2021年3月現在、半年前まで1BTCが100万円だったのが、今では1BTCが580万円前後しています。

なぜこんなに世界中で取引されるのか、実態のない仮想通貨(暗号通貨)の信頼性はあるのだろうかと疑問でした。

通常の通貨と大きく違う点は、通常の通貨は国が発行する点です。極端な話、国(中央銀行)はいくらでも通貨を発行することができます。極端なインフレやデフレにならないように常に供給量をコントロールしているんですね。

しかしビットコインは、上限が2100万BTCとされ、これ以上のビットコインを新たに作り出すことができないという点が通貨と大きく違います。

いまのところ、発掘されたビットコインは1700万BTCとも1800万BTCともいわれ、上限の2100万BTCまであと300万~400万BTCしかなく、これらの残りは発掘者に報酬として支払われることになっているそうです。

肝は次の点です。

1.新たな発行ができないこと。

2.国や団体が介入することができないため、だれも恣意的なコントロールができないこと。

3.取引の信頼性がブロックチェーンと呼ばれる仕組みによって、取引されたビットコインの前の持ち主が正当な持ち主であることを、ネットワークに参加しているユーザ全員が証明者であり、高い信頼性が認められること。

要は、上限が決まっていること、信頼性が極めて高いこと、買いたい人が急激に多くなっていることです。

ビットコインが、これから価値が下がる要素は一つもありません。もしも下がれば大量の買い注文が入り、また高騰します。

日本では通貨としては認められていませんが、実際にビットコインで買い物ができるお店は、日本国内の実店舗で200以上もあります。

DMMドットコム、メガネスーパー、ビッグカメラ、コジマなどと言った有名店でもビットコインで商品が買えます。電子マネーやポイントで物が買えるのと似たような使い方が、ビットコインでもすでにできているのです。

ビットコインの信頼性を認めている証です。このようなことが世界中で起きています。

個人には関係ないと思われるかもしれませんが、次のように言えばおわかりいただけるでしょうか。

個人の投資対象として、「金」とならんで「ビットコイン」は高騰が見込める優良な資産といえます。

今だと1万円で0.0015BTC程度は買えますから、毎月少しずつでも買っていけば、10年後にはとんでもない資産価値になっている可能性がありますね。